このページの本文へジャンプ

菱電湘南エレクトロニクス株式会社サイト内共通メニューへジャンプ

ここから本文です。

製品情報

  • 通信機器
  • マイクロ波ウエーブガイド
  • 各種アンテナ
  • 屋外収容箱
  • 建設工事
  • 検査計測機器
  • 専用機器
  • 開発研究品

通信機器を収納する屋外型19インチラック架で、
塩害地域、寒冷地域にも設置できる耐環境性収容箱です。

  • 外装はカラーアルミ遮光板で直射日光による内部温度上昇を防いでいます。
  • 内部筐体は高耐食性のZAM鋼板(亜鉛/アルミ/マグネシュウム合金メッキ)を
    使用した無塗装仕様です。
  • 温度センサー制御によるファン換気を行い、低温度では回転を止めて
    内部温度の低下を防ぎます。
  • オプションである空調機、寒冷地ヒータ、塩害フィルタは設置状況に応じて、
    部品交換による追加・削除が可能です。
  • 筐体が脚付なので底部引込配線が容易で、H鋼等の嵩上げ架台が不要となります。

1000型収容箱(OP:空調機付)

  • 外形寸法:W650×D650×H1350
  • 2面開きなので保守が容易、
    鋼管・コンクリート柱取付可能。
  • ヒータユニット 100W(AC単相:100/200V)
  • 冷却能力:500W、1kW(500W×2)(AC単相:100/200V)
  • ご要望に応じて製作します。
  • 納入実績 約4,000台

1800型収容箱(OP:空調機付)

  • 外形寸法:W650×D650×H2050
  • 蓄電池増設用としても利用できます。
  • ヒータユニット 100W(AC単相:100/200V)
  • 冷却能力:500W、1kW(AC単相:100/200V)
  • ご要望に応じて製作します。
  • 納入実績 約2,500台

ワイド型収容箱(OP:空調機付)

  • 外形寸法:W1300×D650×H1650
  • 光成端箱収容BOX付
  • ヒータユニット 100W(AC単相:100/200V)
  • 冷却能力:500W、1kW(AC単相:100/200V)
  • ご要望に応じて製作します。
  • 納入実績 約5,000台

条例キュービクル式蓄電池設備

  • 外形寸法:W1250×D590×H1785
  • 4,800Ahセル以上に適用
  • 蓄電池設備(直流電源装置・充電装置
    ・蓄電池外箱・屋外箱)
  • 蓄電池設備認定工場を取得

1000型収容箱組立工程

機器収容箱

通信機器を収納する小型機器収容箱(キュービクル)で、カラー鋼板/耐食アルミ断熱 パネルによる密閉構造で、現地組立可能なプレハブ構造、工事期間は搬入から据付まで2日間の短期間の工期を可能にする。

S型収容箱(小型機器収容箱)

  • 外形寸法:W1,510×D960×H2,537
  • 室内寸法:W1,427×D877×H2,349
  • カラー鋼板/耐食アルミ断熱パネルによる密閉構造
     (熱貫流率 2.33W/uK)
  • 重量:500Kgf以下(実力値:411Kg)
  • 冷却能力:500W、1kW、2kW(AC単相:100/200V)
  • 耐塩害仕様
  • 納入実績 約60台

電波監視システム用収容箱

  • 外形寸法:W1,800×D1,300×H2,800
  • カラー鋼板/耐食アルミ断熱パネルによる密閉構造
     (熱貫流率 2.33W/uK)
  • 重量:750Kgf以下
  • 特殊形状のキュービクルの製作も承ります。
  • 納入実績 約100台

大型機器収容箱(移動体基地局用)

  • 外形寸法:W3,400×D1,500×H2,800
  • カラー鋼板/耐食アルミ断熱パネルによる密閉構造
     (熱貫流率 2.33W/uK)
  • 重量:900Kgf以下
  • 特殊形状のキュービクルの製作も承ります。
  • 納入実績 約600台

  • 外形寸法:W5.022×D881×H2,595
  • カラー鋼板/耐食アルミ断熱パネルによる密閉構造
     (熱貫流率 2.33W/uK)
  • 重量:850Kgf以下
  • 特殊形状のキュービクルの製作も承ります。
  • 納入実績 約400台

機器収容箱のメンテナンス要領

表面処理の寿命予測(標準環境地域)

  • 塗装(塗膜25μm以上) ・・・・・・・・・・7〜12年
  • 溶融亜鉛メッキ(80μm)・・・・・・・・・10〜15年
  • シーリング(フラット仕上げ)・・・・・・・5〜10年

※環境ホルモンや排気ガス、公害等の厳しい環境地域は
 2/3以下になると想定されます。

空調機の保全周期

  • 稼働部品の保全周期は2万時間で、稼働率30%とすると約8年となります。
  • 補修部品の保有期間は、製造打ち切り後9年です。
  • 稼働10年以上を経過している空調機は交換、点検をお勧めします。

※最近の空調機の圧縮機は定速型(ON/OFF制御)から可変型(インバータ制御)に変わり、
 始動電流が大幅に下がり力率が向上し省電力になりました。

ここまで本文です。

このページの本文へジャンプ

菱電湘南エレクトロニクス株式会社サイト内共通メニューへジャンプ